歯の病気を未然に防ぐ:予防歯科/熊本市上通りの歯医者:奥村歯科医院

痛くない治療:無痛治療

歯の病気を未然に防ぐ予防歯科

一般的に歯医者に行くのは何かしらの症状や困った時くらいだという方はまだまだ多いと思います。

虫歯にしろ歯周病にしろ、症状が出て気付いた時には大抵被害甚大で治すのに時間も費用もかかることが多いのが現実です。

また治すと言っても元通りになる訳ではなく、人工物で元の形に修復するという意味では、真の意味で歯医者は歯を治すことはできないのかも知れません。

「悪くなってから治療をする」のではなく、「悪くなる前に予防する」もしくは「問題が小さいうちに治療する」という考えをコンセプトにしたものが予防歯科の基本方針です。

当院での予防歯科への取り組み

虫歯も歯周病も基本的な原因は磨く残したプラークが原因です。
では毎日100%磨き残しがない様にブラッシングができるかと言えば、現実的には不可能です。 それは自分でどのくらい磨けているのか、磨き残しがどのくらいあるのかという評価自体が困難だからです。
当院での予防歯科に対する考え方として、虫歯や歯周病の検査はもちろんの事、ご自身でのセルフコントロールをしてもらうためのアドバイスをさせていただく事が最も大事な事だと考えております。
定期的に虫歯や歯周病のチェックをと併せて、きちんとご自身のブラッシングがしっかり維持できているかを分かりやすくお伝えしていきます。

治療が終わった後のメンテナンスとして

前述の通り歯科の治療は「治す」というより人工物の修復や炎症を抑える事で「進行を防ぐ」という要素の方が強いという現実があります。
そして修復したものは、元の健康な状態と比べると圧倒的に問題を再発しやすいのです。
つまり治療した後は問題の再発を「予防」する必要性がより強くなるので、メンテナンスとしての定期的な検診を欠かしてはならないと考えます。
せっかく治療した後にまた悪くなっては何の意味もありません。
治療が終わった後は、できる限り良い状態を維持する事が最も大事な事だという認識が一番大事な事なのです。
「生涯にわたって不自由なくおいしく食事が取れる人生をおくっていく事」を、歯科医院と患者様との共通の目標とできれば幸いに思います。

その他の治療メニュー