奥歯が痛い:親知らずの抜歯 熊本市上通りの歯医者:奥村歯科医院

歯科治療メニュー

奥歯が痛い・しみる親知らずの抜歯

「親知らずは抜かなければいけない」
そんなイメージが定着していますが、実を言うと世界的に見ると絶対抜かなければいけないかと言われればそんな事はありません。
ただ日本人は顎が小さいので、ちゃんと生えそろわない事や横に生えてしまう傾向が強い事から、抜く必要がある場合が多いと言うのが正解です。
また一番奥の歯なので磨きにくいので虫歯や歯周病のリスクも極めて高いです。
歯茎が腫れた場合周りに炎症が広がりやすく症状が大きくなりやすいのも問題となります。
逆にまっすぐ生えていた場合は、ブリッジの土台・入れ歯への活用・歯を移植する時のドナー など使い道もある状況もあります。

まずは、診断として抜く必要があるかどうか?

歯科医院としては、まず診断として抜く必要があるかどうかを論理的に判断して患者様に伝える事が第一になるべきだと考えます。

また、奥村歯科医院では院長が豊富な抜歯経験を持っておりますので、相当な難症例でない限り抜歯は可能となっております。

それに加え、判断に悩むケースはCT撮影を行なって3次元的な診断をおこないますので、親知らずの悩みがありましたらまずご相談いただければと思います。

その他の治療メニュー